SNS運用

企業こそSNSを運用すべき3つの理由

個人的にTwitterやFacebook,Instagramをやっている方は多いと思いますが、企業でSNSをやっている会社は少ないです。

しかし、企業がSNSをやることで多くのメリットがあります。

今回は、企業こそSNSを運用すべき3つの理由を書いていきます。

企業がSNSを運用すべき3つの理由

無料で宣伝できる

通常、商品やサービスを広報しようとする場合、広告を打たなければなりません。

しかし、SNSを運用していると、無料で商品を広報することができます。

情報発信をすれば、ターゲットがフォローしてくれるので、宣伝も効果的に働きます。

また、SNS以外にもYouTubeをやることで、無料で宣伝でき、より多くのターゲットに訴求することができます。

仮にフォロワーが少なくとも、オウンドメディアに流したり、LINE公式アカウントに流して、売り上げをアップさせることもできるので、SNSはかなり有効な宣伝手段になります。

ファンと交流し、LTVを上げられる

HPしか持たない企業は、顧客とオンライン上でコミュニケーションする場がないので、競合他社にターゲットを取られる可能性が十分にあります。

そこでSNSを導入し、情報発信をすることで、ファンと直接交流することができます。

それにより、親近感を沸かせ、新規顧客の増加、リピート率の増加が見込めます。

LTVとは(ライフタイムバリュー)の略で、新規顧客を増やすよりもリピート率を上げた方が、コスト軽減や売り上げの増加につながります。

リピートを増やすためにも、SNSを活用したり、LINEを活用する必要があります。

口コミで認知拡大しやすい

SNSには、リツイートやいいね、共有といった機能があります。

例えば、企業が発信した情報と、友人が共有した情報では、受け取り側は友人からの情報の方を受け取ります。

なので、必死にブログやYouTubeで情報発信するのはもちろんのこと、SNSで情報発信することも必要不可欠です。

一つ一つのコメントの返信をしたり、キャンペーンを打つことで、フォロワーが増え、ファンとの交流も増え、口コミで新規顧客の増加、売り上げの増加につながります。

まとめ

企業は、HPと同時に、SNSやYouTube、LINEを導入すべきです。

無料で始められますし、やっていない企業や起業家は淘汰される時代になっています。

YouTubeチャンネルで動画編集の方法やSNSをやり方などを発信していくので、動画をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です