動画編集

動画編集ソフトAdobe Premiere Proの始め方〜準備編〜

今回は、法人、起業家向けにYouTubeの動画編集の方法を解説していきます。

後々YouTubeでも1本3分程度でサクッと問題解決できる動画を発信していくので、もし良ければそちらもご覧下さい。

Premiere Proを使う下準備

Premiere Proを使う前に準備しておくことがあります。

  • Premiere Proの購入
  • 動画素材のダウンロード
  • ワークスペースの設定
  • ショートカット設定

Premiere Proの購入

動画編集ソフトのPremiere Pro(プレミアプロ)は有料ソフトです。他で有名なのは、Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)があります。

無料のソフトは、DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)やiMovieがありますが、しっかり動画投稿していくのであれば、有料のソフトをオススメします。

また、プレミアプロは拡張性が高く、映像編集業界でも多く使われています。そして、Adobe製品なので、Adobeと互換性が高いのも特徴です。

YouTubeではサムネイル制作や、必要な場合はオープニングやエンディングを制作したりするのですが、その際はAdobeのphotoshopやAfterEffectsを使用します。

Adobeソフト購入に関しては、コンプリートプランをオススメします。

個人であれば月々5,680円(税別)、法人は月々7,980円(税別)で利用できます。

学生は65%オフの1,980円(税別)なので、ランニングコストを抑えることができます。

動画素材のダウンロード

動画素材は、

  • 画像素材(pixabay)
  • イラスト(いらすとや)
  • BGM(DOVA-SYNDROME)
  • 効果音(効果音ラボ)

を使用します。これらはパソコン上にダウンロードしておくと、今後も使えるので便利です。ファイル分けをしておくとさらに使いやすいです。

これらの動画素材は無料でダウンロードできます。

動画をよりクオリティ高く制作するのであれば、Artlistに契約して(年間約2万円)、高級なBGMを使用したり、MotionElementsに契約して、他と被らないBGMや効果音などを使用しても良いかもしれません。

ただ、基本は無料で問題ありません。

ワークスペースの設定

ワークスペースは、Premiere Proを開いてから実際に動画編集する画面のことです。

こちらはカットするときに使うワークスペースです。これらは動画で見た方がわかりやすいので、ぜひ動画でご覧ください。

簡単に説明すると、カットやテロップ入れのときに使いやすいワークスペースを設定しておくことで、効率化につながります。

ショートカット設定

ショートカットはかなり重要です。

これだけで制作時間が10時間かかるものが2時間で終わったりもします。

特に重要なものだけをここで紹介しておきます。

  • 「Q」前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング
  • 「W」編集点を追加
  • 「E」次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング
  • 「G」オーディオゲイン
  • 「command + Z」やり直し
  • 「command + C」コピー
  • 「command + V」ペースト
  • 「command + D」複製
  • 「command + S」上書き保存

いったんこれらを設定し、覚えておくだけでもかなり効率化が進みます。

使い方や設定方法については、動画で話すので、ぜひそちらをご覧ください。

まとめ

いったんここまでやっていただければ、次は実際に動画編集をやる段階になっていきます。

それは次の記事で書くので、そちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です