動画編集

動画編集ソフトAdobe Premiere Proの始め方〜編集編〜

前回の記事で、動画編集の準備編を公開しましたので、まだ見ていない方はそちらを先にご覧ください。

そして今回は、実際に動画編集をする手順と方法を紹介していきます。

動画編集の手順

動画編集には効率的な手順があります。これを実践するだけで、編集時間を2,3倍速くすることができます。

  1. 素材を読み込む
  2. シーケンス設定
  3. プロキシ作成(必要な場合)
  4. カット編集
  5. テロップ編集(装飾含め)
  6. BGM,効果音挿入
  7. 書き出し

以上が動画編集の手順になります。

サムネイルの作成に関しては、動画編集が終わった後に作成してもいいですが、YouTube上ではサムネイルが最も重要なので、最初に作ってしまうのも良いかもしれません。サムネイルはまた別の記事で書いていきます。

プロキシ作成

プロキシとは、「代理」という意味で、元々の大きい素材を軽いファイルを代理で作成し、作業の効率化を図るためのものです。

このように、プロジェクトファイルで動画を選択した状態で右クリックすると、プロキシを作成があるので、クリックします。すると、Media Encoderが自動で開くので、プロキシ作成を待ちます。

プロキシの詳しい説明は、別の記事で紹介します。

パソコンが重い人や、低スペックでも編集可能で、4K素材もプロキシを作成することで作業が捗ります。

シーケンス設定

動画を編集する前に、シーケンスを作ります。

これは、動画素材がYouTubeの画面のフルHDの設定(1920×1080)のサイズに合わせるためや、フレーム数を統一するために作成します。

YouTubeの場合は、基本的に「AVCHD→1080p→1080p30」に設定します。

30という数字はフレーム数なので、60フレームの場合は「1080p60」を選択してください。

カット編集

まず最初に編集ですべきなのが、カットの作業です。

カットは、シーケンスを作った後に動画をシーケンスに読み込み、編集します。

  1. 「W」で編集点を作る
  2. 再生ヘッドを動かし、要らない部分まで動かす
  3. 「Q,E」でカットする

ツールバーには「レーザーツール(C)」があり、これを使用してもカットすることはできます。

しかし、ツールを使うと、「C,再生ヘッドを動かす,C,V,クリック,delete,V,ドラッグで動かす」というカットの一連の流れがとても無駄になります。

なので、ショートカットを使用することにより、カットがとても早くなるので、Q,W,Eを使いましょう。これは動画の方がわかりやすいので、動画をご覧ください。

テロップ編集

テロップはかなり動画で重要になります。

Premiere Proには、

  • レガシータイトル
  • エッセンシャルグラフィックス

という2つの方法があります。

レガシータイトルは装飾をたくさん付けられるので豪華になる反面、少し時間がかかります。

一方エッセンシャルグラフィックスは、シンプルなテロップを入れられて複製が楽な分、低品質な動画になりやすいのが特徴です。


またテロップで気をつけることは、

  • フォントの種類
  • テロップのデザイン
  • 要約テロップかお喋りテロップか
  • テンプレの使用

などがあります。詳しくは別の記事で書きます。

BGM,効果音挿入

カット、テロップが終了したら、BGMや効果音を入れていきます。

ここで注意すべきなのは、

  • 音量
  • タイミング
  • ずっと同じ音か、別の音楽に変更するか
  • 効果音の統一感
  • ノイズ削除
  • フェードイン/フェードアウト

などが挙げられます。こちらも詳しくは別の記事で書きます。

書き出し

動画編集が終了したら、書き出しをします。

シーケンス上で、書き出す部分のイン/アウトを設定した後に、「ファイル→書き出し→メディア」を選択します。

形式は、基本的にH.264、プリセットも高速ビットレートで大丈夫です。

出力名は自分が名付けたい名前に変更します。

書き出しはPremiere Pro上で書き出しするので、書き出し以外の作業ができません。キューはMedia Encoderで書き出すので便利です。

まとめ

以上が動画編集の具体的な編集の手順です。

詳しい内容は別の記事や、動画で説明した方がわかりやすいので、そちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です